歯科専門書籍

中級者のためのインプラント臨床
Intermediate Implantology

インプラント臨床における疑問点は、経験を積むほどに形を変えて現れます。それらの疑問や迷いに一つの指標を示した一冊です。「インプラント学の基礎的エビデンスを高レベルのインプラント臨床に活かすためには何が必要か?」を著者の豊富な臨床例を基にさまざまな角度から解説しています。
第一章 インフォームドコンセント
第二章 GTR -エムドゲインRゲルの有用性
  1. GTRのガイドライン
  2. エナメルタンパク(エムドゲインR)を用いたGTR
第三章 骨造成法における臨床的概論
  1. 骨造成に取り組む姿勢
  2. 手術の前に考慮すべき事項
第四章 GBR
  1. 現在のGBRの考え方
  2. 術式のガイドライン(GBRの手法)
  3. メンブレンの除去時期
  4. 術後のトラブル
  5. メンブレンの早期摘出と晩期摘出の利点及び欠点
  6. メンブレンの必要性と選択について
  7. メンブレン除去時の注意点
  8. GBRに適した移植材
  9. 骨欠損が大きく、インプラント埋入時に初期固定が確立されない場合の有効な処置
  10. 抜歯即時埋入インプラントの臨床
  11. チタンマイクロプレートを用いたGBRテクニック
第五章 骨質を考慮したインプラントテクニック
  1. 骨質の分類
  2. 骨質への分類D1への対応
  3. 骨質の分類D4への対応
第六章 サイナスリフト
  1. サイナスリフト概論
  2. サイナスリフトにおけるSimultaneous approach & Stage approachの時期について
  3. 上顎洞底挙上術における術前診断
  4. 高度骨吸収例への対応:Stage approachにおけるLateral wall approachについて
  5. 高度骨吸収例への対応:Simultaneous approachにおけるLateral wall approachについて
第七章 口腔前庭拡張術
  1. シェーマを用いた口腔前庭拡張術
  2. 臨床応用例
ペリオドンティック シラバス IV
著者
林 正人
価格
本体価格15,800円+税
体裁
A4変形/フルカラー/230頁
編集/発行
ゼニス出版

上にもどる