歯科専門書籍

インプラント治療 難症例攻略テクニック

上顎洞底挙上術あるいは一般的な骨造成に限らず、骨造成という処置には越えなくてはならないハードルが存在します。  1つは技術の問題で、骨造成には高度な技術とスキルが必要になります。そして、2つ目のハードルとして、患者への侵襲があります。そのために骨造成を回避する患者と術者も多いのではないかと思われます。そして一方では、これらのハードルを低くする努力も必要であり、そのためには新しい技術や術式の開発も必要になってきます。  本書は、歯槽骨あるいは上顎洞底部への骨造成などにおけるハードルを限りなく低くするためのテクニックを網羅した一冊です。
Stage 1 上顎洞底挙上術におけるクレスタルアプローチ攻略テクニック
  • オステオプッシャーの基本概念
  • スリットリフトテクニック
  • 上顎洞底挙上術に必要な上顎洞病変の知識とその対処法
Stage 2 GBRにおける難症例攻略テクニック メンブレンも自家骨も使わない骨造成
  • N2 Graft(No Membrane + No Bio graft material)概論
  • N2 Graft症例編
  • N2 Graft実践編
  • N2 Graft設計編
  • バスタブテクニックと骨造成の信頼性
インプラント治療 難症例攻略テクニック
PDFで一部を読む
著者
水口 稔之
価格
本体価格9,500円+税
体裁
A4変形/112頁
発刊
2014年1月24日発刊予定
編集/発行
ゼニス出版

上にもどる