IMPLANT JOURNAL インプラントジャーナル

IMPLANT JOURNAL 53号

「インプラントの上部構造の臼歯部における補綴タイプとマテリアルを考察する」

[ 上原芳樹 ]

インプラント上部構造は天然歯と違ってリスクが大きい。特に臼歯部においてはマテリアルのチッピングや破折・破断といった問題が大きな悩みの種になってきた。これらを防止しようとすれば咬合面にメタルを使用することになるが、審美性は大きく損なわれることになる。 近年、従来のジルコニアよりも透過性が向上した半透明ジルコニアというマテリアルが臨床に登場したことで、既製の固定式アバットメントに半透明ジルコニアで製作したクラウンを直接接着したスクリュー固定の上部構造が製作できるようになった。本稿では、この半透明ジルコニアを用いることで、強度面と審美面の両立が難しいケースに対して、どのような解決策があるのかを考えていきたい。

  • 歯科インプラント治療と上顎洞合併症−耳鼻咽喉科・頭頸部外科と歯科・口腔外科での対応の違い− [ 佐藤公則 ]
  • POI-EX システムの臨床応用Part 5 上顎前歯部へのインプラント治療 [ 覚本嘉美+八木原淳史+遠藤学+大塚保光+福田輝幸+坂巻良一+伊藤彰英 ]
  • インプラント治療のための基礎講座 HAを知ることで骨やインプラント治療を理解しよう 第9回 HA結晶表面の基本構造と成長メカニズムについて [ 菅原明喜 ]
  • 連載:アドバンスなシンプルテクニック第1回 さまざまなMinor GBRテクニック−その症例難しくしていませんか− [ 新名主耕平+柳田泰志 ]
  • 患者さんにやさしいインプラント治療第12 回:歯科疾患病原論 [ 鈴木光雄 ]
  • N2 Graft vestibular extension − N2 グラフトにおける口腔前庭拡張術− [ 水口稔之 ]
  • Dr. Paulo Malo Interview Part 2
  • 第32回公益社団法人日本口腔インプラント学会 関東甲信越支部学術大会開催ロングレポート [ 竹島明道 ]
発売中

IMPLANT JOURNAL 53号

体裁:
国際A4判
定価:
4,000円+税

上にもどる