IMPLANT JOURNAL インプラントジャーナル

IMPLANT JOURNAL 55号

「審美領域におけるインプラント補綴を再考する−審美領域(上顎中切歯)の抜歯操作と埋入時期−」

[ 林 揚春 ]

上顎中切歯を筆頭に、審美的に高度な要求が伴う部位への抜歯を伴うインプラント処置は、インプラントの埋入時期のタイミングに加え、抜歯操作にも十分な考慮が必要である。抜歯時における歯間乳頭部への侵襲は禁忌であり、抜歯後はそれぞれの埋入時期における臨床的な利点・欠点を十分に理解した上で、最も理想的な結果が得られると判断される埋入時期を選択すべきである。 本稿では、抜歯を伴う審美領域のインプラント治療における、抜歯後のインプラント埋入時期の選択基準やその利点・欠点、抜歯操作の注意点などを再検証してみたい。

  • インプラント治療の定説におけるウソ・ホント?その@切開から剥離・翻転までの定説ってホント?  [ 竹島明道 ]
  • POI-EX システムの臨床応用Part 7 インプラント治療におけるCTの有用性 [ 覚本嘉美+八木原淳史+遠藤学+大塚保光+福田輝幸+坂巻良一+小澤仁 ]
  • インプラント治療のための基礎講座 HA(ハイドロキシアパタイト)を知ることで骨やインプラント治療を理解しよう 第11回 フッ化アパタイト(Fluorapatite)とフッ素化アパタイト(Fluoridated Apatite) [ 菅原明喜 ]
  • 連載 アドバンスなシンプルテクニック 第3回:審美領域におけるインプラント治療を成功に導くために−種々の術式の理解と実践− [ 新名主耕平、柳田泰志、金田和彦 ]
  • 連載 患者さんにやさしいインプラント治療 第13回:ガイデッドサージェリーの落とし穴とアナログサージェリーの有用性  [ 鈴木光雄 ]
  • インプラント手術におけるダイヤモンドバーの有用性について  [ 水口稔之 ]
  • General remarks for dentistry and oral medicine 第二回脳死・死と移植を考える  [ 橋口邦夫、橋本賢二 ]
発売中

IMPLANT JOURNAL 55号

体裁:
国際A4判
定価:
4,000円+税

上にもどる