IMPLANT JOURNAL インプラントジャーナル

IMPLANT JOURNAL 58号

「歯科インプラントのためのサイナストラブル解決法 −上顎洞炎を併発した場合、インプラント体、骨補填材は摘出すべきか−」

[ 佐藤 公則 ]

歯科の先生方が抱いている歯科インプラントに伴う鼻腔・副鼻腔のトラブルに関しての疑問や質問に対して、耳鼻咽喉科・頭頸部外科の立場から見解や解説をいただくシリーズです。 上顎洞のトラブルでよく遭遇するのがインプラント治療後の上顎洞炎ですが、その場合、埋入したインプラント体や填入した骨補填材が原因と特定されるケースも多いのではないかと思われます。しかし、インプラント体や骨補填材などの人工物は、生体内に埋入しても通常は感染を起こさないため、これらが上顎洞炎の感染源ではないという考え方もあります。今回は歯科インプラント治療後の上顎洞炎の対処法ついて解説していただきます。

  • Laser-Lok®インプラントの臨床応用 Stage3 インプラント周囲疾患に対するレーザーロックの臨床的有用性を検証する [ 橋 由 ]
  • Bio-Oss Collagenを応用したソケットプリザベーションテクニック [ 師岡 通雄 + 伊藤 努 + 福地 綾子 ]
  • イラストで見るインプラント治療のための基礎講座  生体適合性の観点からTiインプラントの骨結合性を検証する 1  [ 菅原 明喜 ]
  • POI-EXシステムの臨床応用Part10 上部構造と組織の調和 [ 覚本 嘉美 + 八木原 淳史 + 遠藤 学 + 大塚 保光 + 福田 輝幸 + 坂巻 良一 + 小澤 仁 ]
  • CTによるインプラント手術支援とインプラントシミュレーションソフトの今後の方向性  [ 山口 敦 / 西山 貴浩 / 横江 千絵 ]
  • 3次元プリンターを利用した安全なインプラント治療と様々な工夫  [ 住田 知樹 ]
  • インプラント治療の定説におけるウソ・ホント? (4) インプラント埋入後の縫合とヒーリングキャップの選択は?  [ 竹島 明道 ]
  • 連載 患者さんにやさしいインプラント治療 第16回:インプラント構造の歴史的変化 [ 鈴木 光雄 ]
発売中

IMPLANT JOURNAL 58号

体裁:
国際A4判
定価:
4,000円+税

上にもどる