IMPLANT JOURNAL インプラントジャーナル

IMPLANT JOURNAL 63号

臼歯部インプラントにおける「Biologic 3-Dimensional Position」の概念とその実践

[ 橋 由 ]

前歯部と比較して、臼歯部インプラントのポジショニングを検証した論文は少なく、一定の基準やルールあるいはコンセプトの下に臼歯部のインプラントポジションを決定しているケースもあまりみられないように思われる。  臼歯部インプラントのポジショニングについては、Top Down(補綴)からの視点に加えて、Bottom Up(解剖学的)からの視点も必要となり、インプラント埋入予定部位の補綴物歯冠形態や軟・硬組織の環境を総合的に考えながら決定することが重要となる。本報告では、これらに加えインプラント周囲骨や軟組織の経時的な形態変化への考慮も加えた「Biologic 3-Dimensional Position」の概念を紹介している。

  • 歯科インプラントのためのサイナストラブル解決法 歯科インプラント治療に伴う上顎洞炎の病態と治療   [ 佐藤 公則 ]
  • IATインプラントシステム ワイヤ放電加工とEDSurfaceの特徴
    [ 宮崎 隆、片岡 有 ]
  • ELインプラント&EL proの臨床応用  Tissue friendly socket lifting method using light finger pressureを用いたソケットリフティング
    [ 金ア 伸幸 ]
  • インプラントオーバーデンチャーに使用したいテレスコープアタッチメントとカスタムミリングバーについて [ 山口 敦 ]
  • イラストで見るインプラント治療のための基礎講座 インプラント周囲骨の変化を考える 第3回 新たに解明された骨細胞の機能と役割  [ 菅原 明喜 ]
  • インプラント治療の定説におけるウソ・ホント?(9)
    インプラントとネジの深イイ関係? [ 竹島 明道 ]
  • デンタルイノベーションの模索
    バイオフィルムの効果的な除去法と細菌叢のコントロール [ 鈴木 光雄+山本 朋章+浜田 信城 ]
発売中

IMPLANT JOURNAL 63号

体裁:
国際A4判
定価:
4,000円+税

上にもどる