IMPLANT JOURNAL インプラントジャーナル

IMPLANT JOURNAL 71号

即時荷重・即時プロビジョナリゼーションの臨床  Step by Step 成熟側埋入から抜歯即時埋入における即時荷重   [ 林 揚春 ]

即時荷重といえば、All-on-4のような無歯顎における連結固定のインプラント補綴のイメージを抱くかも知れない。しかし、ここで提唱する即時荷重とは、低侵襲で手術時間も短い患者目線に立ったインプラント埋入手術と即時荷重・即時プロビジョナリゼーションの治療プロトコルであり、これまでの全顎的な即時荷重のイメージとは異なった考え方である。 本稿では、成熟側における即時荷重の注意点と、抜歯即時埋入における単独歯から少数歯欠損までの基本的な注意点と即時荷重の考え方について述べてみたい。

  • – 誌上座談会 – インプラントの定説を再考する [ 菅原 明喜 富樫 宏明 竹島 明道 ]
  • デジタル技術の進化がもたらしたインプラント治療における外科と補綴の融合 [ 橋 由+上原 芳樹 ]
  • 検体検査で何がわかるの? 第4回「糖尿病」 [ 井上 孝 ]
  • 前歯部連続歯欠損症例へのインプラント治療 [ 高田 智史 ]
  • インプラントシステム紹介 IS-II active Implant System 外科手技と補綴操作をサポートするシステムコンポーネント 臨床から生まれたシンプルな操作性を追求した関連器具 その実力を検証する
2017年 最新号

IMPLANT JOURNAL
PDFで一部を読む

体裁:
国際A4判
定価:
4,000円+税

上にもどる